MENU

プレゼンが嫌で逃げ出したいと思ってるあなたへ【克服する】

悩んでる人

プレゼンが嫌で毎回のように逃げ出したい、やりたくないと思っています。

人前で話すの苦手だし、上手く説明できる気がしません。

でも本音を言えば、先輩や上司のようにうまくプレゼンできるようになりたい。

みんなどうやってできるようになったんだろうか?



こんな悩みに回答します。

記事内容

・プレゼンを逃げたいと思う理由

・プレゼンは克服するための方法

・まとめ



人前で発表するのって何回やっても慣れませんよね。苦手意識がついてしまうと余計に逃げたいと思ってしまうでしょう。



かくいう僕も、プレゼンが大の苦手で毎日のように「プレゼン嫌だ‥」「もう今日会社行きたくない‥」と悩んでいた経験があります。



結論、練習して苦手意識を無くしましょう。

克服できればプレゼン逃げたいと思うことはなくなりますし、いやむしろ楽しくなってきますよ。

まるお

そこで今回は、プレゼンが大の苦手だった僕ができるようになった時の体験談や克服した内容を解説していきます。



私と同じように悩んでいた人は参考になるはずです。

「プレゼン得意にならなくてもいい!」

「逃げる方法だけが知りたい‥」

という人はこの記事と合わないので今すぐページ閉じでOKです。

目次

プレゼンを逃げ出したいと思う理由



いきなり厳しいこと言いますが、プレゼンを逃げ出したいと思ってる人の大半が、練習不足です。

プレゼンの前日や直前に話す内容を、見直しても本番でできるわけがないからです。

素人が野球の試合で、前日、試合直前にバット素振りしてヒット打てると思いますか?

まるお

まぐれ当たりすることもありますが、基本はヒット打てません。



プレゼンも同じです。まともに練習もしてないのに本番で着ないのは当然ですね。



あなたもこんな感じじゃないですか?

でも安心してください。僕もこの手のタイプでして、プレゼン嫌だ逃げたいと思うばかりで、自分から練習してできるようになってやろうとかおもってませんでしたから。

前置きが長くなりましたが、ここは絶対に押さえておきたい話です。

逃げてばかりじゃできるようにならないんです。

プレゼンを難しくしているもの



プレゼンをすることは、特に話し手に自信がない場合、気が重くなるものです。

プレゼンにまつわる不安の代表的なものは、自分の仕事の質を判断されること、発表するほどの知識がないと感じること、人前で恥をかくことへの恐怖、自分の考えをうまく表現できないことによるストレスなどがあります。

まるお

プレゼンテーションに関連するもう1つの一般的な恐怖は、退屈なプレゼンテーションをしなければならないことです。


この恐怖は、聴衆を惹きつけ、プレゼンテーションを面白くする方法がわからないことから来る不安と結びついています。

人前で話すことへの恐怖を克服する


プレゼンテーションに対する恐怖心は、完全に正常なものであり、誰もが経験するものであることを認識することが重要です。

この恐怖を克服するには、自分のトピックを知り、プレゼンテーションを慎重に構成し、資料を研究し、練習、練習、練習することが重要です。


また、プレゼンの前に何度か深呼吸をし、ポジティブな思考をすることも効果的です。自分の能力に自信を持てば、プレゼンもそれほど難しくなくなるでしょう。

プレゼンは逃げるよりも怖さを克服すべき


逃げ出したいほどプレゼンが嫌い。大勢の人の前で話すのが苦手。人前で話すのが苦手だった。でも、いずれはできるようにならないといけないと思っています。

悩んでる人

チャンスがあるなら克服して、苦手意識を払拭したい。


プレゼンが怖いという気持ちを克服し、前向きな考え方を身につけるための方法を探っていきます。

プレゼンテーションの恐怖を克服する


プレゼンの恐怖を克服するためには、まず、それがあって当たり前の恐怖であることを認識する必要があります。

恐怖は有効な感情であると同時に、恐怖に人生を支配される必要はないことを理解することが重要です。

まるお

このことを認識することが、プレゼンテーションに対する恐怖心を克服するための第一歩。


恐怖は正常な感情であることを理解すれば、恐怖を軽減するための戦略を練り始めることができます。

ポジティブな考え方を身につける


プレゼンテーションの恐怖を克服するための次のステップは、ポジティブな考え方を身につけることです。

これは、ネガティブな思考をリフレーミングして、よりポジティブな思考に置き換えることを意味します。

まるお

ミスや失敗の可能性に目を向けるのではなく、成功や目標達成後の報酬に目を向けましょう。


そうすることで、自信がつき、プレゼンに対する恐怖や不安を軽減することができます。

戦略的にプレゼンテーションの準備をする


ポジティブな考え方を身につけたら、次は戦略的にプレゼンテーションの準備をしましょう。


準備とは、テーマについて調べ、できる限り多くの情報を集めることです。そうすることで、プレゼンを成功させるための土台を作ることができます。

まるお

さらに、鏡や友人の前でプレゼンテーションの練習をすることで、資料に慣れ、自信を持つことが大切です。

練習と復習に時間をかける


自信を深め、プレゼンへの恐怖心をさらに減らすには、練習と見直しの時間を取るようにしましょう。

練習をすることで、資料に対する安心感が増すだけでなく、プレゼンテーションの構成に慣れることができます。

まるお

資料を見直す時間を取ることも重要ですが、一番は実践です。


教科書や参考書読んだだけじゃテスト試験で高得点取れないと同じ。実際にテストに出てくる問題集を解いて実践していかないと高得点取れないのとよく似ています。


これは、十分な準備をし、自分が何を言おうとしているのかを正確に把握するための素晴らしい方法です。

悩んでる人

とはいっても実践形式の練習ってどうやってやればいいんだろう‥?


確かに実践形式の練習は難しいです。そんな人にやってほしいのがコミュトレをつかったトレーニング方法。


プレゼンやコミュ力に特化しているので、ここで練習すれば苦手を克服できるどころか得意分野になっててもおかしくない。

コミュトレは無料でアドバイスしてくれる診断があるので、まずはこちらを利用して現状の悩みを知るところから始めたらOKです。



私が実際にコミュトレの無料診断を受けた感想を記事に書いてるので良かったら参考にどうぞ。



自分を変えたい人は、ぜひ実践してみてください。

まとめ:プレゼン逃げたいと思ってるあなたへ


プレゼンテーションをするのは気が引けるものですが、正しい戦略と準備をすれば、恐怖心を軽減し、より快適にプレゼンテーションができるようになる可能性があります。


恐怖心は正常な感情であることを認識し、ポジティブな考え方を身につけ、戦略的に準備し、練習と見直しに時間をかけることが、プレゼンテーションの恐怖を克服し、最高のプレゼンテーションを行うための最善の方法です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次